お歳暮いろいろ

お歳暮は、お中元と同じように済ませてしまえ!という意見もありますが、お中元とは異なる礼儀もあるので、注意が必要です。確かに、ある程度はお歳暮もお中元も似たようなものですが、細かい部分も見ていく必要があります。お土産の中でも、お歳暮とお中元の2つは特に重要な文化ですね。

お歳暮でどれくらいの品物を贈ればいいかというと、お中元よりも平均的に少々高めになります。3,000円~5,000円くらいが相場で、お世話になっている人への感謝の度合いによって変わってくるでしょう。感謝の度合いがとても高い人に対しては、1万円を超える額になることもありえます。ただし、何が何でも高くしたり低くしたりするものではないので、不自然な価格の品物を贈らないようにしましょう。

お歳暮は誰に贈るものかというと、お中元と同じく、感謝の意を示したい人へ贈るのが一般的です。関わったら絶対に贈らなければならないという決まりはないので、自分が贈りたいと思った相手に贈ってくださいね。

もし、年末までに贈ることができなかった場合は、お正月に贈ることになります。関東では、1月の7日、関西では、1月の15日までに、「御年賀」として贈りましょう。

また、基本的にお返しはしないものです。

    人気ランキング

  • 上達を目指す全てのゴルファーのほしいものを全て詰め込んだインドアゴルフスクールを都内で探しているなら、それぞれがプロとして高い実績を持っている信頼できるレッスンプロによるマンツーマンでのレッスンを受けることができ、自分のペースでしっかり上達していけるのでお勧めです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.