お歳暮の基本

お歳暮も、お中元と同じように、お土産としての機能を持っている文化です。お歳暮の起源は、お正月に先祖の霊を迎えて、御供え物や贈り物をした風習とされています。昔は、塩鮭、するめ、もち、数の子など、お正月に必要な御供え物を贈っていましたが、現在では、お世話になった人々への年末の挨拶といった位置づけです。

お歳暮は、お正月の準備を進めていく、年末ごろに贈るものです。具体的にいうと、12月中旬あたりまでですね(12月の下旬は遅めです)。ただし、最近では、12月は年末で忙しいということを考慮し、11月下旬までに贈る方も増えてきているようです。また、地域によっても異なり、関東では、12月初旬から12月下旬、関西では12月中旬から下旬が一般的です。

お歳暮もお中元と同様、直接訪問して手渡しするのが礼儀ですが、今ではそんな堅いことはされないのが一般的ですね。デパートでの宅配、インターネットでの宅配と、宅配によって贈るのが主流になっています。宅配の場合は、あいさつ状や、手紙などを送っておくと、感謝の気持ちがより伝わるかもしれません。

あいさつ状の書き方は、一応送り相手ごとに書式が決まっています。書式を間違えると失礼にあたることもあるので注意しましょう。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 楽しい空間・笑顔で過ごせる空間の中で一緒にいると自然と仲良くなる社会人サークルの京都で探しているなら、お1人参加者にも安心な環境で提供してくれるので、初対面でもすぐに打ち解けられるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.