お土産の起こり

お土産という文化は、現代では一般的に広まっているものですが、その起こりはいつからなのでしょうか。一般的にお土産と呼ばれているシーンを考えると、狩猟採集をしていた時代に始まったといえるのではないでしょうか。個人が狩場に移動をし、狩で得た獲物を持ち帰り、第3者へと贈る……この形式はまさにお土産を贈ることを指しています。

特に、狩猟採集をしていた時代は、家族がいて、集団があって、村がありました。大人の男性は、きっと家族のために狩りに行き、獲物を持ち帰ってきたことでしょう。また、その際は家族とのコミュニケーションが広がったはずです。どこの狩場で、どのように獲物をしとめ、どのように持ち帰ったかを話し、獲物を贈られた家族は、その男性に感謝するという図式です。

個人が移動して得たものを誰かに贈り、その情報を共有する……これこそがお土産の本質であり、人間の文化といえるのかもしれません。しかし、実は人間以外にも、こういったお土産の図式を持っている動物がいます。例をあげると、人間と同じように集団生活を行っているミツバチなどです。働きバチはミツのある場所を見つけると、群れにその情報を伝えるのです。といっても、これは生きるのに必要なことであり、人間のような親しみはないのかもしれませんね。

    必見!お勧めWEBサイト

  • スタンダードなバニラ味以外に期間限定の味も取り揃えて無料で提供してくれるネットカフェを探しているなら、本やテレビ、インターネットの他にカラーコピー機を使ってプリントアウトも可能なので、ちょっとした仕事にも使えてオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.