観光の発達

お土産というシステムは、厳密にいうとヒトが狩りをしていた時代から受け継がれてきたといっても過言ではないほど歴史が深いものです。しかし、お土産は時を経るごとに、移動手段の変化、品物の流通、コミュニケーションの多様化などの影響を受け、現代に至るまでにさまざまな変化を見せたと思います。その中でも、特に観光というコンテンツは、お土産に深く関わっているといっていいでしょう。

観光におけるお土産は大きく分けると、天然の品物と、人工的な品物に分かれます。天然の品物というのは、その現地から生まれた特有の産物です。人工的な品物というのは、現地の観光者に売り出すために作られた商品のことを指します。特に、現地の観光者に売り出すために作られた商品――人工的な品物は、観光が発達したことにより、生まれたものといっていいでしょう。その現地にゆかりのある特色を持った商品であることがほとんどで、観光者の目を引くものとなっています。

現代では、観光というコンテンツがとても隆盛を極めています。そして、観光をしたらお土産を買う……という図式が成り立つほど、日本で観光とお土産はセットにされています。お土産はそれほどわたしたちの生活に根深く入り込んでいるのですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.