お土産の意味

日本ではお土産という言葉が盛んに使われていると思います。しかし、現代において、お土産というシステムが受け手に大きな利益を生むことはほとんどないと言っていいでしょう。それでは、お土産の意味というのは、いったい何なのでしょうか。

現代の人間社会は、食べ物やほかのさまざまな物品が豊かにあります。それだけに、コミュニケーションの1つとして、食べ物やほかのさまざまな物品を贈る文化が根付いたといえるのではないでしょうか。

たとえば、社会人における職場はどうでしょうか。職場の人たちは、社会人にとって付き合いの長い大切な存在です。そのため、出張に行ったり、旅行をしたりしたときに、現地の物品を購入し、職場の人たちに配ることもすると思います。また、職場の人たちに配ることで、日ごろの感謝や、休んだことのお詫び、家族サービスの証拠などの意味が生まれます。

こういったお土産の場合は、不必要に高価な物品だと逆に不自然になります。職場の人たちにお土産を贈るときは、「気持ち」の意味合いが強く、物品そのものに大した価値はなくて良いのです。つまり、お土産は贈り物自体に意味があるのではなく、渡すときなどのコミュニケーションに意味があるのですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.