お中元の知識

お中元ではルールのような細かい礼儀が存在します。お中元はお世話になった人へ贈る感謝の印ともいえるお土産ですから、失礼のないようにしたいものです。

お中元で贈る物品はどのようなものが適しているかというと、食べ物や日用品などの、長く残り続けない物が挙げられます。また、贈る相手の家族構成や好みなどの状況に応じて、贈る品物を選んでいくと良いでしょう。明らかに不必要な品物は避け、相手が必要としているだろうなと思う物を贈るのが一番です。また、生ものや傷みやすいものは、相手が受け取れないことを考慮すると、あまり積極的に贈らない方がいいものといえるでしょう。

どれくらいの値段の品物を贈ればいいかというと、お世話になった度合いによると思います。ちょっとした挨拶程度であれば、もちろん不必要に高いものを選ぶ必要はありません。不必要に高いものを贈るのは不自然ですし、相手の負担にもなりかねません。特にお世話になった人には、少々値を張るものを選んでもいいかもしれませんね。

届けるときは、直接訪問するのが昔からの礼儀です。しかし、今では宅配で贈ることの方が一般的かもしれません。状況に応じて、自然な届け方を選びましょう。宅配の場合は、手紙などを添えるといいと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.