お中元いろいろ

お土産をまた細かく分類すると、さまざまな呼び方になりますが、1つにはお中元があります。お中元というのは、社会人のマナーとして知っておきたい文化ですが、仕組みがややこしい上に、面倒な側面もありますよね。

お中元は、誰に対して贈るかですが、日ごろからお世話になっている人に贈るのが一般的です。職場の同僚や上司、両親や兄弟や親戚、友人や知人など、感謝の意を伝えたい人に贈るのがお中元の役割です。誰々に絶対贈らなければならないようなものではなく、感謝の意を伝えたい!と思った人がいた場合、贈るものです。

また、お中元を一度贈った場合、継続的に贈るのが一般的です。といっても、1人1人に何年もかけて贈り続けるのは大変ですから、お世話になった度合いや、年数の区切りを考えて、贈るのを止めましょう。もちろん、ずっと感謝の意を表し続けたい人へは、何年でも贈り続けたって構いません。

贈る時期ですが、7月初旬から中旬の間までに贈るのが一般的です。ただし、8月にお盆を行う地域に贈る場合は、8月の中旬までに贈ることもあるようです。もし、贈る時期が遅れてしまったら、お中元としてではなく、暑中見舞いとして贈るのが良いでしょう。暑中見舞いでも感謝の意を伝えられますからね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ご当地名産!お土産プレゼント選びのポイント All Rights Reserved.